デジタル・インフォメーション/デジタル・フォー・ミー [PC等のデジタル製品の疑問、トラブル解決に]
PC・デジタル製品の疑問、困ったことを検索。
:AND検索 :OR検索
【 【PHP】print_rとvar_dump 】
更新日時:2013年4月18日(木) 16:40:09
投稿日時:2013年4月18日(木) 16:40:09
このエントリーをはてなブックマークに追加

配列をそのままprintなどで出力すると
Arrayと表示され、肝心な中身を参照することは出来ません。

配列の中身を参照する場合は
print_r、もしくはvar_dumpを使用します。

print_r($hairetsu);
var_dump($hairetsu);

どちらを使用しても良いと思いますが、
var_dumpの場合は、配列の要素数や、
各要素の型、文字数等と言った詳細を見ることが出来ます。

[文字列hogehogeを代入して出力]
print_r:string hogehoge
var_dump:string(15) "string hogehoge"


[配列に5つの文字列を代入して出力]
print_r:Array ( [0] => 100円 [1] => 5円 [2] => 50円 [3] => 10円 [4] => 500円 )
var_dump:array(5) { [0]=> string(12) "100円" [1]=> string(6) "5円" [2]=> string(9) "50円" [3]=> string(9) "10円" [4]=> string(12) "500円" }


[連想配列に3つの値を代入して出力]
print_r:Array ( [name] => hogetaro [toshi] => 22 [iro] => black )
var_dump:array(3) { ["name"]=> string(8) "hogetaro" ["toshi"]=> string(2) "22" ["iro"]=> string(5) "black" }
}

【 Digital Information / Digital For Me】
Copyright (C) Gontaro-Systems. All Rights Reserved.